小川榮太郎「「危機」と「知識人」ー「世界史を動かす「思想」の力を手にせよ」」『正論』(3月号)を読み、現在の日本の危機が思想の不在にあるといふことに共感した。

一読後、とりあえず以下のやうにtweetしたのだけれど、これからじつくりと「自由」といふキーワードに依拠して、この論文に対する感想を書いてみたいと思つてゐる。



まずは、小堀桂一郎『日本人の「自由」の歴史』を再読しつつ、書くべきことを整理してみやう。